2006年05月

ナンパ

会社の友達と二人で渋谷で信号待ち信号

美術展の感想なんかを話しながら、信号が青になるのを待ってると・・・

「すみませーん。」と背後から。

・・・(二人とも気付かず)

「あのー、すみませーん」

(へ!?)

振り向くと

それなりのイケメン拍手

「あのー、これから予定ってあります?」

あー?えっ?はっ?ナンパか?おおおお!久々じゃないっすか。

マジっすか。

どう見ても、ついてこなさそうな、

それ以前に、渋谷では引き立て役でしかないワレラに声かけるんですか?と思いつつ。。。

イケメン拍手だし、シカトはいけないかなとお返事をしました。

ヒヨコ「もう、おうち帰ります。」

「あ、すみませんでした。」(スタスタ立ち去っていった)


*************
と、ここまでは別に普通なんだけどさ

そのあと、なぜか女同士で悲しい会話が展開されちゃって。

なぜって、オバサンになってる自分たちにハタと気付いてしまったのよ。

ヒヨコ「ねえ、今声かけられたとき、ナンパだと思った?」

友達「ううん。道聞かれるんだと思った。」

ヒヨコ「だよね、私なんて『邪魔だからどいて。』とか言われるんだと思った。」

「学生の頃ならすぐにナンパって気付いたはず。オバサンになった証拠だよね。はあー。」


あー、本当注意

ナンパって、されたらされたで腹立つんだけどね怒り

ないものねだり・・・冠

それよりさー、このブログ書いてて思ったんだけどまる

上のナンパ君、罰ゲームだったのかも?

(そう思うと合点がいく。えへっ。)

夢の中・・・

夢の中・・・って言っても

また「芸能人を夢に引っ張り出してデートしたよ」っていう話ではなく

写真展のお話。

a0459a58.jpg
[夢の中からみつけた街]@ワタリウム美術館(6/4まで)

マン・レイやアンディ・ウォーホル、寺山修司、キース・ヘリングなどの作品が飾られてたのは

コンクリうちっぱなしの展示室内。

外の雷雨も手伝ってか、とてもひんやりしたイメージの写真展でした。


吸い込まれそうなもの

訴えかけてくるもの

思わず顔をそむけたくなるもの(笑)

いろいろな写真がありましたが

概して、写真の向こう側の空気が突き抜けてるような感触大波

写真と同じ被写体の模型が置いてあったりしたからかな?

特に気に入ったのは、美術館1階のショップ。

アーティストのグッズが所狭しと置いてあります。ポストカードの数が多く、カードを買いに行くだけでも楽しそう。場所も青山で便利だしクローバー

上の写真は、Rune Magritte, The Recompensed Virtue(1934)

オンナ同士の会話 no.3

クラッカーうちの会社に、かなりマイペース+そのまま突っ走る

にっこりくまのプーさんに似た後輩がいる。

このプーさん、仕事でも気に入らないことがあれば上司に突っかかり炎

先輩に突っかかり、後輩にも突っかかる(笑)

でも、なーんだかかわゆい温泉

幽霊見た目のせいか、憎めないキャラ。

このプーさんとオンナだけでの恋愛談義ハート矢

プーさん「私ね、予定を変えられるの嫌いなんですよ。」

ヒヨコ「どういうこと?約束してたのにドタキャンとか?」

プーさん「もーねー、そんなの論外ですよ。」

「急に電話してきて“時間出来たから、これから会おう”とか言われるだけで頭にくるんです。」



ヒヨコ「あ、いい方向性での変更も許せないのね。」


プーさん「いー方向だろうがなんだろーが、イヤなんです。」

「たとえば・・・中華を食べよう音符と歩いてた途中に、いい感じのお寿司屋さんがあったんですよ家

そしたら、彼氏が『あ、やっぱりここにしよう』って入って行って・・・もう、怒鳴りました。」



おいおい。彼氏、びっくりしただろうなー。

お寿司屋→立ち食いソバだったら納得してあげられたけど・・・

会話ってキャッチボールなはずなのに困った

毎回、プーさんと話してると

野球球速が早すぎて打てないバッティングセンターロケットに行った気分になる

それでも、かわいいドキドキ大プーさんマジック祝

ちなみに、会社では『弾丸』と呼ばれてるのさ星納得でしょ?

オンナ同士の会話 no.2

うちの会社には、美人で邪悪なオンナの先輩がいる熱帯魚

ちょっとフィギュアスケートのサーシャ・コーエン似。

かなり仲良くっていつも一緒に過ごしてたんだけどキラキラ

コーエンも私も勤務地が変わってしまったので、なかなか会えない落ち込み

でもね。こないだ久々に会えたハート

相変わらず邪悪なことを言ってたので、ご披露汗

コーエン「テレビこないださぁ、NHKで“なぜ30歳台の女性が結婚しないか?”っていう番組をやってたから、心痛めながら観てたわけ」

ヒヨコ心痛めるってセリフ、この人にはありえないのに注意

コーエン「海外のエリート大学を出て、外資系企業でバリバリ働く女性たちが出ててね

大学時代の友達で集まって話してるわけよ。

よーするに、エリート大学で独身でプライドも高そうなのが集まってるわけよ。」



(いや、あんたも私もプライドで今まで生き延びてきてるし)

コーエン「そこでカノジョらはなんて言ってたと思う?

“負け犬とか言う言葉が流行る日本社会がどうかしてるのよねー”だってさ

もーさー、かわいそうだよね。」


(いやいや、あんたも私もかわいそうだけど。)

コーエン「よかったよ~、そんなハードル背負わなくて。」だってさ。

(でもさ、ハードルないのに同じ結果って・・・?)

電球あ、これからよね、これからの私たちに期待拍手

神戸出身で派手好きだけど、本当はやさしい、そして、かなり面白い、最愛なる親友が幸せになりますようにりんご

オンナ同士の会話 no.1

今日はオンナのコ数人でランチ料理

(ランチでの会話ハート

後輩Aちゃん犬「実は○○くんってユミ先輩のことがタイプOKなんですって」

ヒヨコわーい!(心底喜ぶ)

あー、モテなくて芸能人まで引っ張り出して夢見てたヒヨコに神様からのメッセージだよね。
これって。わーい、わーい祝

と喜んでるところに、冷静な仲良しの同期Bちゃん

Bちゃん「へえー。ユミちゃんのドコがいいって?」

Aちゃん「振り回されそうなところと、何を考えてるか分からないところ。だそうです」

Bちゃん「ソレってちっとも褒め言葉じゃない。」

Aちゃん「あっ・・・。」


(ビミョウな空気)

Cちゃん「でも、ユミ先輩はそんなイメージです。」←キッパリ

ショックちょっとぉ!フォローになってないしー。)

※注:振り回しませんよ。何も考えてませんし(ダメじゃん)。
記事検索
プロフィール

ユミ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ