波ちゃんのベスト1@2006である

『嫌われ松子…』のDVDを借りて観ました

父親の愛、妹の愛をさんさんと浴びながら

悲しい思い込みを持ってて

さらに恋愛依存?相手を求めすぎる純粋さで

坂道を転がり落ちるような人生に導かれ~

かなり後ろ向きなストーリー

でも、ドロドロした後味はないの

印象的なシーンには必ず鮮やかな花があって

それがまた儚さを引き立ててました

観終わってから

「やっぱり打算で生きないとダメね、得な道を行かないと周りまで不幸にするわ」

と考えちゃった(*_*)

正しい観方かどうかわからんがのぅ!